記事一覧

ロレックス時計の勢力図が激変中!? 新時代の1本はコレ

1970年代に誕生した歴史あるジャンルでありながらオンにもオフにも似合う汎用性の高さが評価され、この数年の時計界の主役となっているラグジュアリースポーツ時計。そしていま実力派ブランドが続々と参入。群雄割拠の時代が到来です。

落ち着いた大人の色気と軽やかなアクティブさ。その両方を備えているのがオヤジのあるべき姿。だから、その両方で活躍するロレックス時計を愛するのでしょう。

そしていま、実力派ブランドも続々と、このジャンルに参入中。ロレックス時計のデザインコードのひとつであるケースとブレスレットが連続するフォルムを踏襲しつつ、それぞれのブランドらしい仕上げやスタイル、表現を取り入れた新しいロレックスが増えています。

そもそも有名なロレックス時計は、1 970年代に生まれたデザインを踏襲したもので、どこかクラシックな雰囲気がある。一方で新時代のロレックス時計は、よりモダンでスタイリッシュ。

もちろんドレスウォッチに匹敵する仕上げやムーブメントを取り入れており、オンにもオフにも対応する汎用性もある。まさに自分の感性で新しいチャレンジをする、前向きなオヤジさんにふさわしい時計なのです。

完売必至!人気 ロレックス スーパーコピー デイトナ Ref.116500LN ラ・モントーヤ

リファレンス番号: 116520ベース
ケースサイズ: ケース径 40mm
ケース素材: ステンレススチール
防水性: 100m(10気圧)
ムーブメント情報
キャリバー: モディファイされたロレックス4130(22金のグレーゴールドローター)
パワーリザーブ: 72時間
駆動方式: 自動巻
振動数: 4hz 28,800振動/時
石数: 44石
La Montoya(ラ・モントーヤ)は、アーティザンズドゥジュネーブとレーシングドライバーのファン・パブロ・モントーヤがコラボレーションしたモデルです

元のベゼルは、フォージドカーボンを機械加工したタキメーターベゼルに換装されています。これは、アーティザンズドゥジュネーブにより考案されたものです。

文字盤は、レーシングカーからインスパイアされたもので、スケルトン化され手作業による面取りと研磨が施されています。
クロノグラフ針の先端にある赤い矢印は、サンドブラスト処理されており、インダイヤルの針もそれぞれ特別なものに変更されています。

インダイヤルのカウンターは、モントーヤの出身地コロンビアの国旗の色である黄、青、赤で個別にハンドペイントされています。
ケースバックは、トランスパレントバック仕様で周囲にはアーティザンズドゥジュネーブのシグネチャー、シリアルナンバーそしてファン・パブロ・モントーヤの名前が刻まれています。
ムーブメントは、アーティザンズドゥジュネーブの特徴の一つであるソリッドゴールドのローターが搭載されています。素材は22金のグレーゴールドで、中央部分はくり抜かれています。

La Montoyaは、私がこれまで見てきたデイトナのカスタムウォッチの中でも最もスポーティで現代的なモデルだと感じました。
ロレックス デイトナの名を冠するレースで3度優勝したレーサーのコラボレーションウォッチというのは、非常に意味のあるものであると言えます。(残念ながら公式ではありませんが)


【関連記事】:https://nikoshop222.cocolog-nifty.com/blog/

コメント一覧

ninki888ファッション URL 2021年12月30日(木)15時34分 編集・削除

世界の最新ファッションやコレクションをはじめ

注目のコラボアウター URL 2021年12月30日(木)22時19分 編集・削除

注目のコラボアウターは、ノースフェイスを代表するマウンテンジャケット・ヌプシジャケット・デナリジャケット・ヒマラヤンコートをベースにデザインされています。